カウンセラーさんのお客様を引き寄せる「ブログフォト術」

こんばんは 星野千加です。

今朝、中1の息子が、登校する前に
インコの雨ちゃんの鳥かごをのぞきながら、

「ペットは飼い主に似るって言うじゃん。

雨ちゃんもさ、

甘えん坊で、かまってちゃんで、
寝起きが悪くて、
機嫌悪いと噛みついて、
食いしん坊で、

本当、飼い主にそっくりだよね。」

とわたしに話しかけて来ました。

「それって、誰のこと?」
と尋ねると、

「オレしかいないじゃん。」と
申しておりました(笑)

自分のことをよ〜く分かっていらっしゃる^^;

息子は、自分のかっちょ悪いところも、
卑下することなく、
全部、自分の一部と思えているんだな〜と
なんだか、ちょっと羨ましいなと思いました。

今日、カウンセラーの
個別コンサルのクライアントさんと

「いいところも、悪いところも、
全部、自分なんだと受け入れて、
『よし!人生変えるぞ!』と覚悟を決めた方が、
カウンセリングは理想のお客様ですよね。」

とお互い、深く共感しあいましたが、

見たくない部分に目を背けずに、
そこを認められるって、
もうそれだけで、変化がはじまりますものね。

でも、どうすれば
エネルギー循環が通いあう
そうした「理想のクライアントさん」が集まるのか?

それはやはり、写真と文章で、
発信していくしかないのだと思います。

悩みを持った人なら誰でもいいのではなく、
「お客様をしっかり選ぶ」には、
ブログやメルマガなどのメディアを通して、
どんな「種まき」をするかが大事だと思います。

カウンセラーさんの
ブログフォト術で考えてみると、
どんな写真を使うかで、
集まるお客様も変わってきます。

表情はやさしい笑顔ですが
全体から凛とした自立した女性を
感じさせるブログフォト。

毅然とした風格が漂う理由は、
ジャケットを着ているから。

すべてのカウンセラーさんが、
「ジャケット」を着たブログフォトが必要だと
いいたいわけではありません。

このお二人のお客様の層と提供するサービスには、
「一瞬で、プロらしさで信頼されるカッチリ感」が必要なのです。

でも、カウンセラーだからとはいえ、
いつも「カッチリ」しているわけではありません。

ほんの少しのぞかせる「日常」のブログフォト。

こういうブログフォトのおかげで、
仕事を離れた時の人柄などが伝わり、
オンとオフのバランスを取ることができます。

印象的なブログフォトを、
上手に活用することで、
いろんな角度の「わたし」を魅せることができます。

カウンセラーさんは、
カウンセリングが売り物ではあるのですが、
本当の売り物は、「自分自身」なのです。

「わたし」を一瞬で伝えられる
ブログフォト術は、
カウンセラーさんにはマスト!

ただし!さじ加減が、本当〜に大事なのです。

自分が売り物だからと
自分をギラギラにアピールするのではなく、

お客様の属性をよ〜く考えて、

さりげなく、キラリと光る!

このさじ加減が、絶妙に大事なのです。

鋭い方は、お気づきかもしれませんが、
特に、カウンセラーさんは、
カメラ目線の写真は、ほとんど撮りません。

目線があると、どうしても強い印象になります。

一口にブログフォトと言っても、

・誰がお客様なのか?

・どんなサービスなのか?

・どんな印象を与えたいのか?

で、

・メイク
・ヘアスタイル
・洋服
・小物
・ポーズ
・構図や背景

など、全然違います。

現役のカウンセラーでもあり、
ブログフォト術をフル活用して、
たくさんのお客様との出会いを引き寄せてきた
わたしの経験がぎゅっと詰まった
ブログフォト撮影にいらっしゃいませんか?

=============

12月1日(金)10:00~15:00

「あなたに会いたい」「あなたから買いたい」と言われるブログフォト術

未来のお客様の引き寄せる「ブログ写真撮影」

=============

を開催します。

今回募集の、「定員は2名さま」のみです。

「ブログに使える、ステキな写真が欲しかった!」

「スナップ写真のプロフィールじゃ、
もうそろそろ、まずいよね・・・」

「ちゃんと写真撮ってもらいたいけど、
誰にお願いすればいいかわからない」

そんな方は、優先して受付をいたしますので、
事前登録をしておいてくださいね^^

事前登録はこちら

 

*個別コンサルをご希望の方はこちら

*ゼロからはじめる、ブログの作り方 「10日間メールレッスン」

星野千加のFBグループ 「〜エレガントに働く私スタイル〜」 
「グループに参加する」のボタンを押して、申請してくださいね♪

【サービス一覧】

個別起業コンサル

ブログ文章術コンサル

ブログフォト撮影

お問い合わせ

起業コンサルタント 星野千加

関連記事

PAGE TOP