ライフワークではじめる*ママのひとり起業

ブログを書くことを目的にした途端、目の前から人が消える

こんばんは 星野千加です。

サービスの魅力が120%伝わる文章講座
〜エンパシーライティング ベーシック講座〜

を開催いたしました。

———

パソコンの前に座って、ブログを書こうとするんだけど、気づいたら1時間くらい経ってるんです!

———

ブログを書くのに5時間くらいかかって、もう嫌になって、しばらく放置してました・・・

———

など

・書くネタが思いつかない
・時間がかかりすぎる

というお悩みを抱えていらっしゃいました。

今回は、少人数でしたので、まるでグループコンサル状態!

「どうして、書けなくなってしまったのか?」
「そもそも、何のためにブログを書きたいですか?」

と、根っこを紐解いてみたり。

——-

まだカウンセリングの勉強中の身だから、プロとしてブログを書くことに抵抗がある。

まだ見習いで、中途半端な立場だから、どういう立ち位置で、発信していけばいいかわからなくなる。

——-

などなど。

一見、文章が原因のようで、実は、それは文章の問題ではなく、

「きっと、セルフイメージがカッチリ決まっていないから、書きにくくなっているんですね・・・。」

というようなその方それぞれの方の「書けない、書きにくい、根っこ」が浮き彫りになってきたりしました。

ただ、「文章の書き方」だけをお伝えするメソッドではなく、書く人の深層心理や読む人の深層心理に、深くアプローチしていくところが、エンパシーライティングのメソッドのすごいところだと思っています。

なぜなら、「心をつかむ文章を書く」には人の深層心理にどれだけ気づけるか?が大きなポイントになると思うからです。

それを、「エンパシーチャート」というたった1枚のチャートで、浮き彫りにしていくんですね。

文章の書き方を学びながら、思いがけず、気づきが起きる文章作成メソッドなのでした。

どんなことにも共通すると思っていますが、こういう学びは、その時は「わかった!」「すごい!」ってなります。

でも、時間が経つと忘れてしまったりするんですね。

現に、ちょうどグッドタイミングで、私の個別コンサルのクライアントさんから、

「毎日ブログを書こうって決めたけど、何を書いていいか分からなくなりました。
何かヒントをください」

こんなメールが来ました。

私は、こんなお返事をしました。

——–
ブログを書くことが目的ではありませんよね、何のために、誰のために書くのかがまず大事。

そして、書くことが思いつかない時は、エンパシーチャートを書いてみるといいですよ。

たった一人の人を思い浮かべながら、その人は何を書いて欲しいのか?

チャートを書くことで、見つかります。
——–

すると、クライアントさまからこんなお返事が返ってきました。

——–
何のために、誰のために、、そうでした!

どうしても自分目線になってしまうのは、それが抜けていました。

ありがとうございます!

チャート書いてみます。
———-

そう!まず一番大事なことは、ブログを書くことを目的にしてはいけないということなのです。

何のために、ブログを書くのですか?
ブログを書くことで、何を達成したいのですか?

この「目的」を見失わないことが、何より大事。

集客すること
講座を満席にすること
ステップメールを作ること
ブログを毎日必ず書くこと
Facebookを毎日必ず投稿すること

こういったことを「目的」にしてしまうと、途端に、文章を書くことが辛くなります。

なぜなら、それらを「目的」にした途端、目の前から、お客様や読者さまの姿が消えてしまうからです。

文章は、「読む人」のためにあります。

あ、独り言を発信したいのなら、ツイッターとかで、つぶやけばいいですよね(笑)

でも、私たちが書きたい文章は、「読む人」の心をつかみ、「読む人」が今すぐにでも、何かアクションを起こしたくなる。

しかも、そのアクションが、どちら一方だけがハッピーなのではなく、相互にハッピーへとつながり、感動や喜び、お金が循環する、そんな文章を書きたいのですよね?

だから、文章を書き始める時には、その文章を読んで幸せになるであろう人をリアルに思い浮かべながら、すると、私も幸せになる♪

そんな状態から、書き始めることが大事なんですね^^

そして、もう一つ大切なこと。

それは、あなたの中に「何を書いたらいいか?」という問いの答えはないということ。

「読む人」がその答えを持っているのです。

だから、「読む人」に何を書いて欲しいですか?

どんな言葉をかけて欲しいですか?

と聞くためにチャートを書くのです。

そ・の・う・え・で!「書き方」というテクニックが活きてくる!

もしも、もしもそれでブログを書くのに5時間かかったとしても、誰かの幸せになる顔を思い浮かべながら、紡ぎだした文章だとしたら、全く違った意味を持った5時間になるのでは?

なんて私は思います♪

ちなみに、私もサービスの告知文を書く時には、5時間なんて、フツーにかかります。

そして、それは決して長いとも思いません。

それだけの対価をいただくために、時間やエネルギーをかけることは、当然だと思っています。

心に響かない文章が100記事あるより、心に刺さる文章が1記事あるブログの方が、よっぽどいいと思いませんか?
量より質。

あなたも、ブログ書くことを目的にするのではなく、何のために?誰のために?

そこからはじめてみてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP