ライフワークではじめる*ママのひとり起業

「それをするのにふさわしい人」だと、判断される、選ばれる

こんにちは 星野千加です。

ほんの数年前までは、
専業主婦だった私。

ある日「Calling(呼び声)」が聞こえて、

「そうだ!カウンセラーになるんだった!」

と思い出しました。

きっと、今世のテーマとして、
自分で決めて、生まれてきたのだと思います。

カウンセリングの勉強をして、
資格を取って、起業しましたが、
なかなかお客様に来ていただけませんでした。

みんながやってるようにブログを書いて、
みんながやってるように顔写真を載せていたのに。

どうしてだろう、どうしてだろうと。

今では、なぜあの頃、お客様が来て下さらなかったのか、
よ〜〜〜く分かります。

要因は1つではなく、たくさんあるのですけど^^;

その中のひとつに「写真」があります。

ブログやFacebookを始めた頃の
私のプロフィール写真は、これでした。

うん、

「どこにでもいる、フツーのお母さん」

ですね。

でも、今の私はこの人(左)に、

子どもの将来がかかってるお受験の相談を
お金を払ってまでしようとは思えないし、

この人(左)に、ライフワークで起業するために、
大金を払って私の人生を預けようとは思えないのです。

それより、きっと読む人の
印象にすら残ってないでしょう・・・。

当然、お客様もいらっしゃいませんでした。

今のプロフィール写真はこちら

今は、本当にありがたいことに、
自然とお客様が集まってきてくださいます。

もちろん、写真だけでが理由では決してありません。

ですが、まずはやはり
「それをするのにふさわしい人」
だと判断されることは
とても大事なのだなーと思います。

まして、ネット上で選ばれるって、
どんな写真を使うかはとっても大事。

数年前は、そんなこと
全然分かっておりませんでした。

写真があればいいのではなく、
どんな写真を使うのかも大事だということ。

こちらは、嫁姑問題専門のカウンセラーさんが
以前、プロフィール写真で使われていたもの。

優しそうだし、なんでも受け止めてくださる
そんな雰囲気は感じますよね。

でも、どこにでもいそうなお母さん、
ご近所さんって感じなのです。

お金を払ってまで、相談したいか?

となると、

「まあ、世間話くらいはしてもいいけど、、、ね」

で終わってしまうのですね。

今回、私の講座の中で撮影なさった
プロフィール写真はこちら。

たった1枚の写真で、

「この人にお金を払いたい」

という価値がグンとアップすると思いませんか?

私たち、消費者の立場になると、
価値を感じないものには、お金は払いません。

逆に、無料であげると言われても、
価値を感じないものは、断固いらない。

No Thank You〜〜〜!!!

なのです。

でも、人に対してはとっても厳しいのに、
自分に対しては甘くなるのも、
人の心理のオモシロイところだなと思います。

先ほどの嫁姑問題のカウンセラーさんは、
日頃の発信力も高めようと、
自撮りレッスンを講座専用のFBグループで
練習なさっています。

こんな自撮りをグループ内で
投稿してくださいませんか?

この自撮り写真を、パッと見て、
私はすご〜く違和感を感じたんです。

右下の黒い影はなんだろう?

なんかボケてるのが不自然じゃない?

全体的に写真が暗くない?

でも、ご本人は、渾身の一枚を
投稿してくださっているのです。

まず、写真が明るいとどれくらい
印象が違うのか?

私が加工して、見比べていただきました。

写真が暗いと、その人も暗い印象を受けます。

写真が明るいと、その人も明るい印象を受けます。

本当にその人が明るいか暗いかではなく、
ネット上で写真しか見ていない人は、
「無意識」にそう判断していくのです。

すると、次の日リベンジして
こんな写真をアップしてくださいました。

まわりの不自然なボケや影もなくなり、
写真全体が明るくなりました。

でも、あれれ?
私はまたまた違和感を感じたんです。

なんかこの写真、
昨日の写真より老けて見えない?

ですので、ご本人にこの2枚の写真を
見比べてみていただきました。

あるところを加工したのですが、
わかりますか?

おでこのシワにご注目。

この写真は、前髪が降りていたので、
おでこのシワが隠れていたんですね。

だから、マイナス5歳若く見える!

でもご本人は、私に言われた
明るさと影を作らないようにと
そちらにばかり意識が向いて、
他のところに意識が
向きにくくなってしまっていたのです。

—————————–

大切なのは、
加工すればシワが消えるということじゃありません。

加工できるからと加工に頼るのではなく、
若々しく見える角度やヘアスタイル、メイク、表情、
光の入り方を知ってることが大事なんですね。

——————————

こんな風にお伝えしました。

そして、また次の日、
リベンジなさった写真がこちら。

おお〜!ステキステキ〜!!!

この一連の作業を

なんだ、ただの自撮りの練習か!

そんなことしたって、お客さんは来ないよ!

と思う人もいるかもしれません。

でも、これはただの自撮りの練習じゃないと
私は思っています。

ビジネスすべてのクオリティを
高めていくためのトレーニング

なのです。

小さな違和感にどれだけ気付けるか?

その違和感をどう修正すればいいのか?

ひとつひとつ、
実践を通して目を養い、感覚を研ぎ澄ませていく

これが、お客様に感動を届けるために
絶対欠かせない「あり方」だと思っています。

こういうことって、
努力しなくてもできちゃう方もいます。

そういう方は、何をなさっても
割と器用にできる方。
比較的、うまく立ち回れる方。

でも、というかだからこそ
不器用でフツーな人は、
人一倍努力が必要だということです。

どこか「キラリと光る」ところが必要。

それが、ネット上で選ばれるということだと
私は思うんですね。

プロフィール写真も、
自撮り写真も、
文章も、

ひとつひとつ精度をどれだけ上げていくか?

だって、ブログもFBも
せいぜい投稿できても1日3回くらいでしょう?

1日1回、3日に1回が
精一杯という方もいるでしょう。

その貴重な1回で、
どんな写真を使って、どんな文章を書くか?

1年後には、それはそれは大きな「差」に
なっていることをイメージしてみてください。

そして、それをしなかった時の1年も
イメージしてみてください。

自然とお客様を集めるって、
楽をしてお客様を集めるってことじゃありません。

結果が出る方法で、結果が出るための努力を
惜しみなくすること。

今回ご紹介したカウンセラーさんが受けられた

未来のお客さまを引き寄せる
プロフィール写真撮影×文章講座

4月21日は
あと1名さまとなりました。

「選ばれるひと」になりたい方はぜひいらしてくださいね。

サービス一覧

【無料プレゼント】

自然とお客さまが集まるしくみのつくり方

【サービス一覧】

個別起業コンサル

文章講座

プロフィール写真撮影×文章講座

お問い合わせ

起業コンサルタント 星野千加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP