ライフワークではじめる*ママのひとり起業

本当にプレーしたいステージで
思いきり輝くには?

こんにちは 星野千加です。

息子が中学に入学して、
1週間が経とうとしています。

先日、仮入部届けに
保護者印を押してと
言われました。

建築系か工学系に進みたいらしい
息子は、運動部には目もくれず

「デッサンとか練習できるかな?」

と美術部に入ることを
決めているようです。

私の中学時代といえば
バレーボール部一色でした。

ひょろひょろの
ちっちゃな女の子だった私。

母が、顧問の先生に
本当についていけるのでしょうか?
と何度も何度も確認していました^^;

私は、

「か弱くて、目立たなくて、地味な
私を変えたい!」

「いつもみんなの人気者の女の子たちが
集まっているバレー部に入れば、
私も絶対変われる!」

そう思っていたんですね。

今思うと、動機が全然別のところに
ありました(笑)

だから、練習はきつくてきつくて、
今でも思い出すとぞっとするくらい
厳しくて、苦しい3年間でしたが・・・。

あの3年間ほど、
心と体が鍛えられたことはなかったなと
今では思います。

1年生のうちは、
球拾いと筋トレばっかりなんですよね。


(先輩のアタック練習でトスをあげる私)

でも、今思うと球拾いって
奥が深いな〜と思うんです。

先輩がアタックしてくるコースをよんで、
ボールをキャッチしなくてはいけません。

隣で練習している剣道部に
飛んでいっちゃうと迷惑だから。

サーブをバンバン打てるように、
ボールを拾っては運び、運んでは拾う。

1度に、何個持って運べるか
よく同級生と競争していました。

たらたら歩いていると
監督から怒声が飛んできます。

球拾いだけで、
クタクタになって帰宅していました。

ようやく、レシーブの練習をさせてもらっても、
脚力がないと、ボールに反応できないんです。

だからスクワット100回、
ダッシュ30本とか
6キロコースランとか

瞬発力
身体能力
動体視力
洞察力
忍耐力
持久力
集中力
協調性

球拾いや筋トレは、
すべてプレーに必要な力に
繋がっていたのです。

きっとね、監督は球拾いや筋トレを
させながら、

「あいつは見込みがあるな」

とか思っていたはず。

息子は、これからデッサン、デッサン、デッサン
なのでしょうかね〜


(私の後ろにある絵は息子の絵です。)

***

最近、どんなことも
すべて本質は同じだな〜と感じます。

何かを成し遂げるには、
「こころ」や「からだ」の
基礎体力とか土台がないと
成し遂げられないのだと。

————————

生徒「先生、バレー部に入部したいです!」

先生「よし、じゃあまずは球拾いしなさい」

生徒「球拾いは大変だし、やり方もわからないし、誰も褒めてくれないから、したくありません」

先生「何?! じゃあ筋トレしなさい」

生徒「筋トレは、苦しいし、時間もないし、苦手だからできません」

 「先生、そんなことより、私はいますぐ、エースアタッカーになりたいんです!」

先生「もういいよ、キミ帰りたまえ」

————————–

厳しいかもしれませんが、
こういうことって、
起業においても本当によくあります^^;

「起業したいんです」

というと、

「ブログ書きなさい」

「メルマガ書きなさい」

「Facebook投稿しなさい」

どんなコンサルタントだって
言うことでしょう。

私も言います。

なぜなら、ネットで集客したいなら、
これらは「球拾い」だし「筋トレ」だからです。

やって当たり前のことだから。

球拾いや筋トレがいやなら、
エースなんてとんでもない
レギュラーにもなれないし、
誰も信頼しくれずボールをパスすらしてくれません。

つまり、お客様が来るわけもないし、
誰もあなたを応援したり、
信頼してくれるはずがありませんよ
ってことです。

人が嫌がること

陽の当たらないこと
苦労が多いこと

努力が必要なこと

—————–

それを乗り越えると
本当にプレーしたいステージで
思いきりプレーできる。

—————–

するとね、今度は多くの方が

「ブログを書く」

「メルマガを書く」

「Facebook投稿をする」

それそのものが起業することだと
勘違いしちゃうんですね。

それは、起業のほんの一部分でしかありません。

何度も言いますが、
バレーで言う、
球拾いであり、筋トレなのです。

ほんの一部分の
手段であり、通過点でしかないのです。

球拾いの先を見据えて、
球拾いに集中し、
楽しめる人は、
必ずその先にもいけます。

球拾いなんかやってらんないって
やめてしまったら、
プレーはできるようにならないのですよね。

球拾いをさせる先輩や監督に
恨みや愚痴を言ったり、
監督の教え方が悪いせいだとか
うまくいかないことを
人のせいにしているうちは
プレーも上手になりませんしね・・・。

中には、

「球拾いやってます!」

「筋トレやってます!」

って、しまいには逆ギレしちゃう人もいるけど、
その量じゃ、全然足りないよってことです。

そんな苦しい思いを超えて、
本当にあなたは起業したいのですか?

何のために、起業するのですか?

何度も何度も、神様から試されるな〜と
思います。

それでも、それでも、それでも!

本当にプレーしたいステージがあるなら
必ずできるようになる!

きっと、輝けるステージにいける!

私はそう思いますよ^^

 

サービス一覧

【無料プレゼント】

自然とお客さまが集まるしくみのつくり方

【サービス一覧】

個別起業コンサル

文章講座

プロフィール写真撮影×文章講座

お問い合わせ

起業コンサルタント 星野千加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP