ライフワークではじめる*ママのひとり起業

自分を自由に表現することへの怖れ

こんにちは 星野千加です。

昨日は、母の日でしたね^^

我が家では、朝食を食べていたら、
夫と娘が

「今日、母の日だから、
ママにお料理お休みさせてあげない?
夜は、何か食べに行こうよ」

と提案してくれました。

「ヤッター! オレ、焼き肉がいい〜!」

と叫ぶ息子に、

「今日は、ママの行きたいところだよ!」

と、夫と娘にツッコマれておりました(笑)


(味の濃すぎない、絶妙なオニオングラタンスープ)


(新鮮なサラダ山盛りと、大好きなトマトクリームパスタ♪)


こちらで、オーダーしていた
シェルパーツのピアスが届いたので、つけていきました^^ )


(サイトからお借りしました)

そうした家族の心遣いもさることながら・・・

Facebookのタイムラインをみていたら、
クライアントさんが、
あれほど苦手だ苦手だとおっしゃっていた
「自撮り投稿」が流れてきて、

「アーーー! すごい! やった、やった〜!」

と、大喜びしてしまいました(笑)

私より年上のクライアント様でも、

「やだやだ、できない!」

「だって、こわいんだもん! 」

と駄々をこねていらっしゃる時は、

「まったく、もう〜! 駄々っ子なんだから」

と、母親の気分を味わわせていただくこともあります(笑)

ライフワークで起業したい方のお手伝いは、
人生をご一緒させていただくような気持ちでいるので、
長いおつきあいになればなるほど、喜びもひとしお。

母の日は、家族から感謝される日でもあるかもしれませんが、
母の喜びを味あわせてもらえる、
こちらが感謝する日でもあるなと思いました^^


(レストランへ向かう途中の道端で出逢った、黄色いお花たち)

自撮りといえば、自撮り投稿に関して、
いろんな人が、あれはいけない、これはいけないとか
賛否両論いろいろと書いているのを見かけます。

そういう投稿を見れば見るほど、
足がすくんじゃって、
かえって何を投稿すればいいのか
分からなくなっちゃう方もちらほら。

私も、こちらの講座では、
私の主観を一方的にお伝えするというより、
みなさんに「自撮り」についてディスカッションしていただきます。

その人個人としてではなく、
職業にあわせて、好ましいか好ましくないかも
考えてみていただくんですね。

すると、やはり好ましいと思うものと
好ましくないと思うものと、
ほぼみなさん共通しています。

ファッションの仕事の方はアリだけど、
●●教室の先生はしないほうがいいかも、とか。

ということは、

好ましくない自撮りは
やらなければいいのです、、、が!

人のことは分かっても、
自分のことはよく分からないのが、
フツーなんですよね。

ディスカッションで、

「いきなり、タイムラインにど〜んと顔が出てくると
こわいよね!」

とおっしゃっていた方が
いきなりど〜んの写真を撮ってアップしてしまう、、、とかね^^;

だから、トライ&エラーを繰り返しながら、
自分を客観的に見る「目」を養うことから
スタートしていきます。

そして、自分の好みという視点から、
あなたのお客様の好みという視点へと
シフトしていきます。

(講座専用のFacebookの秘密のグループで、
投稿していただいております)

いいとか悪いとか、
口で批判することは簡単なんです。

でも、他人から自分の自撮りはどう見えているのか?
マズイところがあるのなら、具体的にどう修正するのか?
どうすればもっと好ましいものにできるのか?

具体的な方法が分からなくて、
困っているんですよね。

私も、人一倍、自撮りはやってきましたから・・・(遠い目)

ちなみに、自撮りはあくまでも手段ですから、
絶対やったほうがいいことだとは思っていません。

でも、自分を自由に表現するのが
コワイと感じている方は、
「まずは自撮りからやってみませんか?」
とご提案することがあります。

自分を自由に表現することへの怖れ

これは、文章でも写真でも、
今後の発信活動において
大きな足かせになるからです。

なぜ自撮りからなのかは、こちらにも書いておりますが、
自撮りはある種のセラピーなんですね。

どんなセラピーかというと、

客観的な自分を知る

制限から解放される

自由に自分を表現できるようになる

自撮りは、自分を解放するセラピーだと私は思っています。

写真は、文章よりも、「自分」というものが
視覚化されているので、
客観的に捉えやすいですし、
変化も分かりやすいです。

特に、女性は、メイクやヘアスタイル、
ファッションなどからアプローチするほうが
表現への怖れが外れやすいこともあります。

ありのままに

嫌われてもいい

自分のためでなく、お客様のために

などなど
精神論、感情論も大事ですが、
自分を解放する具体的な方法を
知ることも大事なのですよん。

山本五十六氏の

—–
やってみせ、
言って聞かせて、
させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、
任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、
信頼せねば、人は実らず。

母親も、コンサルタントも、全く同じだな〜と思います。

いいお手本を見せられる人でありたい!

精進、精進^^

 

サービス一覧

【無料プレゼント】

自然とお客さまが集まるしくみのつくり方

【サービス一覧】

個別起業コンサル

文章講座

プロフィール写真撮影×文章講座

お問い合わせ

起業コンサルタント 星野千加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP