ライフワークではじめる*ママのひとり起業

読者やお客様から、批判的なメッセージをもらった時

こんにちは 星野千加です。

昨日、お仕事帰りに、
個別コンサルのクライアントさんから
メールが1件入りました。

内容は、あるブログの読者さまから、
ものすごく辛辣な批判的なメッセージをもらって、
ショックを受けている、という内容でした。

普段はしないのですが、
すぐに電話をかけて、お話を聴きました。

すっかり忘れていたのですが、
そういえば私も、起業したばかりで、
ポツポツお客様が集まり始めた頃に、
読者さんから、ものすごく批判的なメッセージを
いただいたことがあったんですね。

人の弱みにつけ込んで、商売しているなんて最低

みたいな内容だったかな^^;

その頃は、そんなにお客様もいらっしゃらなかったし、
まだまだ駆け出しで、自分の技術も自信も持てていなかったせいか、

本当にショックで、ものすごく悪徳商売をしている気になって、
胃が痛くて一晩眠れませんでした。

その頃お世話になっていたコンサルタントさんに、
相談しました。

そしたら、第一声、なんとおっしゃったと思います?

「ありがたいですね〜!

めちゃくちゃ、読み込んでくださってるじゃないですか〜!」

とおっしゃったんです。

この言葉を聞いた瞬間に、

「あ!そっか〜!!! ほんとだ〜!!!」

って、リフレーミングされちゃいました^^

あ、私ね、単純なんです(笑)

その後、もう1度だけ批判的なメッセージをもらったことがあって、
別の方にも相談にのっていただきました。

その時は、第一声、

「ブラッシュアップのチャンスをもらいましたね〜」

と言われました。

どちらの方にも共通していたのは、

————————-
批判的なメッセージを送った読者さんのことを
一度も悪く言わなかった
————————-

ということです。

むしろ、そのメッセージをありがたいと
思っていらっしゃるということ。

経営者ってこの視点なんだな〜と。

私が相談した方は、どちらも男性だったので、
さっぱりしていらっしゃいましたが、

批判的なコメント、メッセージ、クレームは、必ずある

という前提でお仕事をなさっている。

当たり前といえば当たり前なのですが、
そういう想定をしていなかった
私が甘かったんだ〜と反省しちゃいました^^;

ただ、やっぱりね、
気持ちのいいものではないと思うんです。

私のように、のほほんと無防備にしていると、
グサ〜っと矢が突き刺さることもあると思います。

経営者といえども、
カウンセラー、コーチといえども、
生身のハートを持った「人」ですから、
思いがけず攻撃されて、
感情が揺らぐことも、必ずある

こちらも想定しておいたほうが
いいってことですよね^^

そういうことがあったら、
話を聴いてもらえる人
メンタルを回復できる方法も、
自分で準備しておく ことが大事ですね。

そして、もし、批判的なコメントやメッセージを
頻繁にもらう方がいるとしたら、
もしかしたら、「文章」を変えてみるといいかもしれません。

「人の心をあおる」文章は、
それだけ刺さるのかもしれませんが、
ネガティブなエネルギーが
自分のところにも返ってくる可能性が高いということ。

いちいち批判的なコメントやメッセージの対応に追われたり、
落ち込んだり、怒ったりしている時間もエネルギーも、
もったいないな〜と私なら思いますが^^

「痛み」を汲み取った、共感される文章が
お互いが気持ちよいのではないかしらん?と思います。

ではでは!

 

サービス一覧

【無料プレゼント】

自然とお客さまが集まるしくみのつくり方

【サービス一覧】

個別起業コンサル

文章講座

プロフィール写真撮影×文章講座

お問い合わせ

起業コンサルタント 星野千加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP