ライフワークではじめる*ママのひとり起業

あなたにしかできないオリジナルサービスが生まれる瞬間

こんにちは 星野千加です。

先日、個別コンサルのクライアントさんから、
これから作られる講座のテキストをスライドを
拝見しながら、一緒に練っていました。

こういう時、私は
素人の人になりきって、話を聞くようにします。

で、最後まで伺って、
素朴に感じた疑問を、問いかけます。

「これって、本当に、受講者さんみんなが
 できるようになるんですか?」

「こんなにたくさんの知識を、
 全部覚えないと、ダメなんですか?」

みたいに^^;

ちょっといじわるな質問をするわけです。

すると、クライアントさんは、

「ウーーーーーン・・・」

と考えこまれる。

こんなことを繰り返しながら、
ひとつのコンテンツを作り上げていきます。

で、この日は、あるアイディアが浮かび、
それを、クライアントさんにお話ししてみたんですね。

そしたら、

「それ、スゴーーーイ!!! 

そんなツールあったら、絶対喜ばれますよーーー!!!」

と。

どうやら、ワタクシ、ものすごく画期的なツールを
思いついちゃったようです^^

実は、ヒントになったのは、
その日の朝に、息子がやっていた英語の単語カード。

これが、私の潜在意識に残っていたみたい。

クライアントさんは、ちょっと暗礁に乗り上げていた
新しい講座づくりが、

「一気に進みましたーーー!」

とおっしゃりながら、お帰りになられました^^

でも、こうやって、
ポロンとアイディアが生まれるのは、
これまでクライアントさんが
とことん、そのコトについてやってこられた
知識と知恵と経験と実績の積み重ねがあるからです。

どんな資格も、スキルも、
誰かに教わったものですから、
完全のオリジナルではないのかもしれません。

でも、教わったものをそのまま
サービスとして出すのではなく、
一旦、自分の中にインストールして、
何度も、何度も実践しているうちに、
必ず、オリジナルのサービスへと
生まれ変わっていきます。

私も、昨年、小学校受験をなさる
お母様向けに、
「合格願書作成サポート -VERY- 」
という新しいツールを教材化して販売しました。

それは3年間、アレコレやっている中で、
「体系化」されたもの。

体系化される時というのは、

「もっと、便利にするにはどうしたらいいだろう?」

「誰でも使えるようにするには、どうしたらいいだろう?」

とお客様のことを、一生懸命考えているうちに、
できあがっていくものなんですね。

でも、自分一人の頭の中で考えている時は、
なかなか「体系化」がむずかしいものです。

それは、「常識」にとらわれてしまうから。

全く赤の他人の私が、
素人になりきって、講座の流れを聞くことで、
ツッコミどころ満載なコトに気づき(笑)

そこから、
あなたにしかできない
オリジナルのサービスが生まれていくのです。

でも、多くの人は、
この「常識」や「しがらみ」を
なかなか捨てるコトができません^^;

「オリジナルサービスを作りたい」

とおっしゃっていてもです。

これをやったら、協会の先生に何か言われるんじゃないか。

と、誰かの目を気にしながら、
ビジネスをやっていたりするんですね。

それは、その資格やスキルや看板がなくなったら、
お客様がこなくなるんじゃないか・・・。
という不安があるからかもしれませんね。

もちろん、
ライセンスなどがあるものを使わせていただく時は、
そのルールにちゃんと従うべきだと思います。

でも、いずれはそれすらも、
自分の中にインストールして、
新しいものを生み出せた方がいいですよね。

と言うより、ひとりビジネスをしていくには、
いつかその「枠」から卒業しなくては、
いつまでたっても、

「●●系列の誰それさん」

から抜けられず、
あなたの名前が売れていかないからです。

どこかに所属するコトのメリット、デメリットって、
ありますよね。

私は、協会などに属している方も応援しますし、
属していない方も応援しておりますが^^

あなたにしかできない
オリジナルのサービスやツールを作りたい方は、

==========

1.とことん教わったコトを実践してみる(基本)

2.「もっと、便利にするにはどうしたらいいだろう?」

「誰でも使えるようにするには、どうしたらいいだろう?」

と考えて体系化する

3.常識や枠にとらわれず、ゼロから生み出す。

==========

ぜひ、やってみてくださいね。

 

サービス一覧

【無料プレゼント】

自然とお客さまが集まるしくみのつくり方

【サービス一覧】

個別起業コンサル

文章講座

プロフィール写真撮影×文章講座

お問い合わせ

起業コンサルタント 星野千加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP