高額商品にしっかりつながる、体験サービスのスライド資料の作り方

こんにちは 星野千加です。

昨日は、6月にスタートした
グループコンサルの対面クラスでした♪

今は、

・高額サービス
・体験サービス

この2つを企画して、
テキストやスライド資料を
作っていただいてます。

高額サービスの方は、
1年とか6ヶ月とか
長丁場のプログラムを
作成している方もいて
テキストの量も膨大です。

でも

・確実に買っていただける!

・同業者と比べられた時に
 満足していただける!

そんな売り物がなければ、
ビジネスは始められませんから、
コンテンツ開発は時間をかけて
しっかりサポートしながら
作り込んでいただきます。

「テキストを作っていて、
ようやく自分がやりたかったことが
まとまってきました!」

とおっしゃる方も多いのですが、
それもそのはず!

テキストを作るということは、
お客様をありありと想定しなければ
作れませんし、

自分がお客様に説明しているところを
ありありとイメージします。

だから、いろいろなことが
クリアになって迷いがなくなっていくんです。

でも、

「私、パソコンで、
 テキストとか作ったことないんです・・・」

「パソコンが苦手で、すごく不安です・・・」

とおっしゃる方もいたので、午後は
ウィンドウズの方はパワポ講座、
Macの方はKeynote講座も補習しました。


(一生懸命企画した、高額サービスのスライド資料を作成中♪)

「写真入れられた〜♪」

「なんかプロっぽくなってきた〜♪」

「できないと思い込んでたけど、
 やってみたら簡単でした!」

とみなさん、楽しそうに
チャレンジなさっていました^^

目に見えないサービスを見える化するには、
テキストってものすごく大事です。

極端な話、ペラペラしゃべって
メモしていただけば、
それで事足りるのかもしれません。

でも、お客様が一度に吸収できることって
限られています。

あとで見返すものがなければ、
学びが十分でなく、
成果が出づらいかもしれません。

それに、わかりやすく、
丁寧に作り込まれたテキストは、
サービスの質の高さや愛を感じられます。

もしかしたら、
ご家族やお友達にテキストを見せて
クチコミして下さるかもしれませんしね。

カタチがないものを、
カタチがあるものにすることで、
付加価値がぐんと高まるのです。

高額をいただくのですから、
こちらもそれに見合うエネルギーを出す!

そして、無形サービスを有形化することで、

・キャッチコピー
・告知文

が格段に研ぎ澄まされたものが
完成します。

算数は積み重ねの教科と言いますが、
起業も同じですね。

もろい石の上にアンバランスに
積み重ねていくのか、
強固なレンガブロックの上に
確実に積み重ねていくのか?

できあがりは全然違うと思いますし、
集客のしやすさ、ビジネスのしやすさが
全然違うと思います。

描いていたビジョンが
一つずつ形になっていくのは、
とっても楽しいですし
ワクワクしますね^^

ちなみに、

体験サービス→高額サービス

といったビジネススタイルを
なさっている方にとって
体験サービスのスライド資料の作り方は
とても重要になってきます。

スライド資料の内容や構成で
高額サービスのお申し込みにつながるか
つながらないかが決まります。

来週月曜日のメルマガで、

高額サービスにつながる
体験サービスのスライド資料の作り方

について詳しくお話ししますので、
メルマガに登録してお待ちくださいね。

メルマガのご登録はこちら

*無料メールレッスン「理想のお客様を引き寄せるブログの作り方」と
無料PDFテキスト「売れるブログ文章の書き方」

関連記事

PAGE TOP