ギリギリ星人を卒業する方法

こんにちは 星野千加です。

昨日の夕方、息子が

「塾、行きたくね〜。
めんどくさ・・・。」

って言い出しました。

今、中3で高校受験のための
進学塾に通っているんです。

(ムムム、

さては、サボっておかし食べて
ゲームするつもりじゃないかぁ?)

と、疑いいっぱいのまなざしの私(笑)

あ、息子の名誉のために言っておきますと、
そんな風にサボったことは
ほぼないのですけどね^^;

「行きたくないんだ。。。
どうしたんだろうね〜?」

って返事しました。

すると、

「なんか、精神的に辛いんだよ。。。」

って言い出したんです。

どうやら、学校はもうすぐ前期を終えるので、
先生たちが成績をつけるために
提出するべき課題がたくさんあって、
ひとつひとつはとっても小さな課題なんだけど、

それらが溜まってできていない

学校から帰って塾へ行き、
塾の宿題に追われる

朝になると、学校の課題ができてなくて、
気が重い

塾へ行くとまた宿題が出されるから
行きたくねぇ・・・・

という訴えだったみたい。
(サボりだって、疑ってごめんね)

「なんか、やらなきゃいけないことが多くて、
心が詰まってる感じなんだよね。

今日は、塾休んでリセットしたい。」

というので、休ませました。

で、夕飯を食べながら、
息子がこんなことを言い出しました。

「多分ね、全部連鎖してるんだよね。

一番良くないのは、学校から帰ってきて、
疲れてダラダラしちゃうのがダメなんだと思う。

ここを変えなきゃダメなんだな、多分。」

(へぇ〜、自分でわかってたんだ!)←母の心の声

「そうだよね〜、どこかのリズムがうまくいってなくて、
後手後手になるとストレスたまって、
ますます後手後手になっていくもんね〜。

ほら、シュウくんがよくやってるゲームみたいにさ、
借金を返すことに一生懸命になるんじゃなくて、
貯金していくリズムが大事なんだろうね〜。」

なんて話をしました。

いや〜、成長したな〜って思いました。

自分で「心のつまり」を分析して、
今日は塾を休んでリセットしようって決めて、
どこに原因があるんだろうって考えて、

そんなことができるようになったのぉ〜!!
って親バカのかあさんは嬉しかったです(笑)

そして、息子を信じていなかったことを反省しました、、、。

夕飯を食べたら、
ホワイトボードに課題をリストアップしはじめ、
部屋に閉じこもって何やらやってました。


(一番の遊び相手のシュウくんが、鍵かけちゃってスネてるアメちゃん)

仕事でも、家事でも、なんでも、
後手後手って、
本当に気分が落ち着かなくって、
いつも罪悪感や劣等感や焦りを
感じてしまいますよね〜。

私たち、主婦起業家も、
それはそれはやるべきことが
たーーーーくさんあって、
ひとつひとつは小さなことなんだけど、
溜まってくると心もつまる(涙)

「つまり」を作ってる
よくない習慣がどこにあるかな〜って
考えてみると
意外と簡単に「先手先手のスイッチ」を
入れられるようになったりして。

「後手後手で気持ち悪い」 < 「先手先手で気持ちいい」

変えたいのに変えられないよくない習慣も
不快を上回る、快の感覚を体感できると
潜在意識がそれを続けたい!って
スイッチが入るのかもしれませんね^^

あともうひとつ、
ギリギリ星人から卒業するために
とっても大切なことがあると私は思っていて
来週月曜日のメルマガで
詳しく書こうと思います。

ご興味のある方は
メルマガに登録してお待ちくださいね。

メルマガのご登録はこちら

*無料メールレッスン「理想のお客様を引き寄せるブログの作り方」と
無料PDFテキスト「売れるブログ文章の書き方」

関連記事

PAGE TOP