判明!Facebookは書けるけど、ブログは書けない人の特徴

こんばんは 星野千加です。

私のクライアント様で、

「Facebookは書けるんだけど、
ブログが書けないです・・・。」

とおっしゃる方に、
よくよくお話をうかがってみると、

「投稿」の動機が、

「この写真を投稿したい!」

と「シェアしたい写真」が
投稿の原動力になっている
ケースが多いことが判明。

キレイに撮れた自撮りとか(笑)

おでかけした写真とか

楽しかった講座の様子とか。

(↑うまく撮れた自撮り♪)

見てほしい!
ワクワク!
るんるん♪

そんな気持ちととも
「ついでに文章を書く」ので、
「書く」にフォーカスしすぎず、
スラスラ、さらさらと書けるようです。

一方、ブログを書こうとすると、
一気に「書く」ことにフォーカスしちゃうので、

「ぐえええ〜、書けない〜」

となるみたい^^;

で、星野が提案した方法は、

==========

いつものようにFacebookの投稿画面に書いて、

「投稿ボタン」を押さずに、

そのままブログにコピペして更新しよう!

==========

Facebookを投稿するつもりで
ブログを更新すればいいのでは?
とお話ししたんですね。

「それなら、できるかも!」

とおっしゃっていました。

私なりに、分析してみたのですが、

Facebookは「いいね」がすぐについて
ユーザーの反応が出るのが早いです。

一方、ブログは読まれているのか
読まれていないのかわかりにくい。

確かに、反応がないって、
さみしいものです。

だから、ブログを書くのが
億劫になるのかなと思いました。

でも、ちょっと気がかりなのは、
反応を期待しすぎると発信の目的が

「読み手のためではなく、自分のため」

にすり替わってしまうということ。

そして、もう一つの落とし穴は、

===========

「いいね」をしてくれるお友達が多いからといって、

必ずしも、「お客様」につながる方が

「いいね」をしているとは限らない

===========

ということです。

それは、Facebookからメルマガへ
お誘いしてみるとよくわかります。

メルマガへ登録してくださる方は、
「一番お客様に近い方」

メルマガへの登録が少なければ、
お客様につながる方と
うまく出会えていないことになります。

ワクワク、るんるんは
いい動機として保ちつつ

でも、反応に一喜一憂するのではなく、
「自分のためではなく、読み手のため」という
目的を見失わないようにしたいですね。

でも、原動力って大切!

「私も、お気に入りの写真があると書ける!」

と言う方は、
お気に入りの写真を撮りにいらっしゃいませんか?

==========

未来のお客様を引き寄せる、ブログフォト撮影

「あなたに会いたい」
「あなたから買いたい」
と言われるブログフォト術

==========

思わず、ブログを書きたくなる
そんなお気に入りの写真を。

そして、

あなたの読者さんが思わず

「あなたに会いたい!」

「あなたから買いたい!」

と言っていただけるような

どちらもハッピーになる
ブログフォトを撮影いたします。

次回のブログフォト撮影は
メルマガから受け付けております。

メルマガのご登録はこちら

*無料メールレッスン「理想のお客様を引き寄せるブログの作り方」と

無料PDFテキスト「売れるブログ文章の書き方」

関連記事

PAGE TOP