書いている内に 何を伝えたかったのか分からなくなってしまう。

こんばんは 星野千加です。

私、かなりの方向音痴でして、
初めて行く場所は、
とっても緊張します。

広いデパートで、違う出口に出ちゃうと
もう今自分がどこにいるか分からない・・・。

簡略化した地図や
目印が少なすぎる地図、
駅の出口番号が書いてない地図

役立たずの地図だと
もう〜ムリですね^^;

もっと分かりやすい地図にして〜!!!って、
自分の方向音痴を棚に上げて、
ムカついてきちゃいます(笑)

ほとほと自分の空間把握力の弱さに、
嫌気がさすことも多々。

よく個別コンサルのクライアントさんから、

「ブログを書いているうちに、
何を伝えたかったのか分からなくなってしまうんです。」

と相談されます。

いわゆる、「文章の中で迷子になる」ってやつですね^^;

書いているうちに、
アレもコレも書きたくなったり
入り口と出口が違っちゃって、
自分で迷子になったり。

で、読み返してみても
自分でも何が言いたかったのか
分からなくて、途方にくれる・・・。

う〜ん、もどかしいでしょうね〜。

でも、この悩みは意外とすぐに
解決できるんです。

1.文章のゴール(出口)を決める
2.文章のスタート(入り口)を決める
3.文章の通り道を決める

文章を書き始める前に、
この3つを決めて
書き始めるだけですから。

書いているうちに、

「アレ? 何書いているんだっけ?」

と迷子になったら、
「地図」を見るんです。

その代わり、迷子になりやすい方ほど、
「地図」を詳しく書いてから
文章を書き始めるのがオススメなんですね。

===========

あなたが読んでも分からない文章は、
他人が読んでも分からない♡

===========

文章の迷子になるクセを克服したい方はこちら

メルマガのご登録はこちら

*無料メールレッスン「理想のお客様を引き寄せるブログの作り方」と
無料PDFテキスト「売れるブログ文章の書き方」

関連記事

PAGE TOP