あなたが「売れる」ためには、 避けては通れない道とは?

こんにちは 星野千加です。

先日、個別コンサルのクライアントさんが、
こんな気づきをシェアしてくださいました。

==========

私は、

自分で調べたらわかりそうなことを
きいてはいけない。

と思っていたので、

私自身がお客様に質問されると
ハラが立っていたんだと思います。

ちかさんに、思い切ってきいてみて
快く教えてくださり、

想像をこえる丁寧さで
動画を撮ってくださっていて、

あー助かるなーと思ってはじめて

「あぁ、私もこうやって一つ一つ
 丁寧に教えてあげたいな」

って思うことができました。

===========

私は、個別コンサルのクライアントさんが、
メルマガの開設や、LPの作り方など、
わからないことがあると
解説動画を撮って、お送りするんです。

メールで手順を書いても、
伝わりにくいですから^^;

そのやりとりを、
ご自身のサービスの提供のしかたに
参考にしてくださったようです♪

「わからない」
「手間がかかる」
「めんどくさい」

これって、本当は大好きだったはずのお仕事が、
一気にキライになる瞬間かもしれません^^;

クライアントさんは、ご自身のお客様に
腹を立てている自分を見つけてしまい、
いつの間にか「キライ」とか
「むかつく」が入り混じってしまったそうです。

ついには、この仕事は私は向いていない・・・
なんておっしゃったりもしていました。

カウンセリングの世界では、
自分が許可できていないことを
他人がしていると

「ムカつく!!!」

が発動してしまうと言われています。

人に甘えてはいけない
人に迷惑をかけちゃいけない

こういう禁止のマイルールを持っていると、
自分のお客様にも同じように
「禁止」してしまいがちです。

だから、自分が禁止していたことを
心から許せるようになると、
他人のことも許せるようになる。

なんてエラそうに話しておりますが、
私も、自分に禁止していることが
たくさんあります^^;

私の場合は、

「売れてはいけない」
「人気者になってはいけない」

という、起業家としては、
致命的な禁止がありました^^;

これは、子供の頃の母の

「チャラチャラしなさんな!」

という教えが、尾を引いておりました。

要するに、
自分のことを自慢げにペラペラ語ったり、
持ち物などをひけらかしたり、
調子に乗って傲慢になるなという意味なのです。

いついかなる時も
女性として、謙虚に慎ましく

母は、そう言いたかったのでしょうね。

でも、幼かった私は
その言葉の本当の意味を汲み取れず、

私には、人に好かれる価値がないから、
目立ってはいけない

と思い込んでしまったんですね。

今では、謙虚に慎ましくという母の教えは、
本当にありがたいなと思っております。

自分が禁止していることに許可を出す

これが、あなたが「売れる」ためには、
避けて通れない道。

あなたは、どんな時に腹が立ちますか?

その奥に隠れている、自分に禁止していることはありますか?

それはいつ、誰から禁止されていましたか?

その禁止の本当の意味はなんですか?

ご自身と対話してみてくださいね^^

 

*個別コンサルをご希望の方はこちら

*ゼロからはじめる、ブログの作り方 「10日間メールレッスン」

星野千加のFBグループ 「〜エレガントに働く私スタイル〜」 
「グループに参加する」のボタンを押して、申請してくださいね♪

【サービス一覧】

個別起業コンサル

ブログ文章術コンサル

ブログフォト撮影

お問い合わせ

起業コンサルタント 星野千加

関連記事

PAGE TOP