誰もが、実績も経験もゼロからスタートする

こんにちは 星野千加です。

感動的だった、
平昌オリンピックが閉会しました。

羽生結弦くんがショートプログラムで、
トップに立ったあとのインタビューで、

「僕は、ソチ五輪のフリーのミスが、
やはりここまで4年間頑張って
強くなったひとつの原因だと思っているので
また明日に向けてリベンジしたいなという気持ちです。」

僕は、オリンピックを知っている

と語ったのが印象的でした。

一方で、松岡修造さんのインタビューでは、

「連覇のためだけに幸せを全部捨てようと思いました。

普段のこととか、考え方です。

“あ、今この幸せいらない”とか。
身近にあるものをすべて捨て去ってきた感じです」

と答えていたのにも
胸を打たれました。

経験や実績は、時として
自分を奮いたたせる勇気にもなりますし、

時として、自分を追い込んで
プレッシャーを与える重圧ともなりますね。

一つだけ言えるのは、
誰もが、実績も経験もゼロからスタートして、

小さな経験と実績を積み重ね、
少しずつ大きくしていくのが、経験と実績。

なのだなと改めて感じました。

起業のお手伝いをしていると、

「私は、実績も経験もないから、
選んでもらえません。」

としょんぼり肩を落としながら、
相談を受けることがあります。

未経験の時は、
成功のイメージを
描くのがムズカシイものですよね。

そんな私も、
実績も経験もない状態からのスタートでした。

私のもう一つのお仕事、
小学校受験のコンサル。

小学校お受験のクライアント様というのは、

東大、慶應、早稲田など
一流大学を卒業なさって、

お医者さん、弁護士さん、
税理士さん、大きな会社経営者、役員

など、いわゆるインテリで、
社会的地位の高い
経済的に裕福な方ばかりです。

決して見栄やブランドで
小学校お受験させようとする方は、
私のところへはいらっしゃらず、
真剣に教育について考えいらっしゃる、
賢く、ステキなご両親なのです。

でも、

私は、私立小学校もない田舎で育ち
三流短大を卒業。

お化粧は派手でも
薄給で慎ましい1人暮らしをしていた
元美容部員。

娘をひとり小学校受験で合格させたという
実績にもならない実績を片手に、
小学校お受験コンサルタントですと
起業したのです。

そんなぽっと出の主婦が

大切なお子さんの入試の願書について、
あれやこれやとアドバイスをする。

はじめはそれはそれは、
コンプレックスとプレッシャーを感じ、

「本当に、私なんかでいいんでしょうか…」

と畏れ多く、縮こまりながら
願書コンサルをしていたものです。

先日も、下のお嬢さんの願書をぜひと、
来てくださった、ご両親ともに東大卒のリピーターさま。

「やっぱり、星野先生みたいなお仕事を
している方はいらっしゃらないんです。

塾の願書添削は、
誤字脱字のチェック程度で、
あてにならないし…

私たち家族のこと、娘のことを
あんな風に引き出してくださる方は
いらっしゃらないんです。」

とおっしゃってくださいました。

ものすごく勇気づけられるお言葉。

学歴も、たいした職歴もないけど、

「言葉にならない想いを引き出して、
文章に紡いで相手に届ける。」

たった1つ神様がくれたリソースで
コンプレックスを吹き飛ばして、
実績と経験を積み重ねてきました。

誰もが、実績も経験もゼロからスタートして、
小さな経験と実績を積み重ね、
少しずつ大きくしていくのが、経験と実績。

時には、何かを犠牲にしたり、
重圧に押しつぶされそうになることもあります。

でも、歩みを止めず、孤独に向き合いながら、
やるべきことをやり続けた人だけが
得られるのが経験と実績。

がんばったごほうびなのでしょうね^^

 

星野千加のFBグループ 「〜エレガントに働く私スタイル〜」 
「グループに参加する」のボタンを押して、申請してくださいね♪

【サービス一覧】

個別起業コンサル

ブログ文章術コンサル

ブログフォト撮影

お問い合わせ

起業コンサルタント 星野千加

関連記事

PAGE TOP